ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

伊沢敗退。飛ばし対決(?)は芹沢勝利

1回戦、16試合が終わった。注目カードのひとつ伊沢利光・河村雅之は河村。復調期待の尾崎健夫はやはりまだ無理だった。飛ばし屋・飛ばない屋対決と興味をもたれた小山内護・芹沢信雄は芹沢。だからマッチプレーは面白い。18番あるいはエキストラホールまでもつれこむ試合の多い初日だった。

「いやー、調子はまあまあだったんですが(伊沢が)お疲れで調子よくなかったみたいで、いい勝負をさせてもらいました。これから帰りの飛行機をキャンセルしないと」と河村雅之。18番で伊沢が追いつかれ、22ホール目でこれも伊沢ボギーで決着。確かに「最後はスッキリしませんでしたけど(河村雅之)」という展開だった。

<< 下に続く >>

ギリギリ先週になって出場が決まった杉本周作は3番で1アップとしたものの5番、8番、12番、16番とストレートに落として2ホール残しの敗退。「マッチは本当に胃が痛い。今日はパットを入れまくりました。ショットはあちこち行ってましたけど、スコアは6アンダーでしたから。杉本くんも3アンダーくらいだったと思いますよ」と勝った佐藤信人
決して心臓が弱くはなさそうな佐藤信人だが「マッチは緊張して、1回戦でもドキドキします。ついてました」

手島多一はD.スメイルに負けた。手島は16番で落として1ダウン。しかし17番では回復し、最後の18番でついに力尽きた。「マッチプレーは10年ぶり。慣れるまで大変だったが、面白かった。今日の勝因は運。それだけです」とスメイル。

R.バックウェルと戦った今野康晴は前半有利に進めて7番で2アップ。しかしズルズル落ちて9番ではイーブン。12番でまた1ホールリードはしたものの15番で追いつかれ、エキストラ20ホール目で敗退した。バックウェルは「2人ともとてもいいプレーができたと思う。2人ともバーディが多かった。どっちが勝ってもおかしくはなかったと思う。今野サンはとてもジェントルマンなので、一緒に回れてよかったです」

(注) マッチプレーの結果で2-1(2エンド1)とは1ホール残して(17番で)2アップの勝ち。19H 1upはエキストラホール19番ホールで勝負が決まり1アップ勝利の意味です。18番で決着がついた場合は1up、あるいは2upとなります。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!