ニュース

国内男子久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

超人・伊沢が伸ばして独走

2日目の伊沢利光はさらに7つ伸ばし、2位以下に5打差をつけての一人旅に出てしまった。そんな伊沢を必死に追いかけるのは1ラウンドで2つのイーグルを出したC.ペーニャと、ホールインワンを決めた杉本周作。6アンダー4位グループには真板潔藤田寛之が並んでいる。

アウトスタートの伊沢利光は、6番から4連続のバーディをねじ込み、ボギーなしのまま上がりも連続バーディを決めた。「ピンチらしいピンチはなかったですけどね。ティショットは悪かったです」 スコア的には伸ばしたこのチャンスを活かして他の選手から早く後姿を眩ませたいという。「早く見えなくなっちゃうほうがやりやすいですからね、僕のほうも」

<< 下に続く >>

C.ペーニャは6、18番のロングホールで2イーグルを沈め、2バーディ、ノーボギーの66とした。ドライバーの調子が良く、唯一のミスだったという4番はパーセーブでクリア。「グリーンは難しいから、明日もパッティングを集中していきたいです。まだこの暑い日が2日ある」と気を引き締めた。

プロになってから初めて経験したホールインワンだというのは杉本周作。8番ホール、パー3で、ティショットしたボールはピンに真っ直ぐ向かった、そこそこは寄るとは思っていたところのビンゴ!だった。 「入ってもうた・・・」と本人もビックリ。「僕はあまり上手くないですし、予選通過できるかどうか半々くらいだったのに」 願ってもないチャンスが来た。あと2日頑張るしかない。これで、杉本はホールインワン賞として賞金10万円を獲得した。

藤田寛之は「前半はノリノリで盛り上がってたんですけどねぇ。インに入ってもそんなに悪くなかったのが、バーディチャンスの2~3メートルが入れられなくて。その間にどんどん伊沢さんが伸ばしていって・・・。もったいなかったですね」と反省気味の6バーディ、3ボギー。

前日2位でスタートした菊池純は、77を叩き予選通過ならず。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!