ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

いつの間にか佐藤信人が首位

2日目、首位に立ったのは今季のトーナメントを引っ張っている佐藤信人だった。33・33の66をマークして、8アンダー。2位には山本昭一野上貴夫が並んだ。続くのは飯合肇平石武則岡茂洋雄ら7人。

AONの中で予選通過したのは、今日を68として2アンダー34位と踏ん張ったジャンボだけ。中嶋常幸はカットラインに1打足りない63位。同じく予選通過ならなかった青木功は6オーバー121位とした。

「今日はすごくいい内容だった。今年の中でも1・2番なくらい」というのは佐藤信人。6バーディ、ボギーなし。全英オープンに出場するも1打足らずに予選落ちを喫して学んだことが多かった。

「土日をギャラリーとして観戦しました。全体的にレベルアップしなければというヤル気がわきました。ああいう所でまたプレーしたい。上手くなりたいという意欲が今回はいい方向に出たんだと思います」 世界に挑戦して目標も新たに日本へ帰ってきたようだ。

アウトからスタートした青木功は、出だしバーディといい滑り出しを見せた。しかし13番で痛恨の3パットボギー。「あそこで万事休すだ。グリーンは昨日パサパサだったけど、今日は湿ってた。勢いよく行ったら3パットだよ」 ショットの調子も出ず2バーディ、3ボギーとした。

「今日は雨だから軽め軽めに振ってしまった。省エネゴルフだな。ティショットはまだいいが、アイアンが良くない」とジャンボ。セカンドの距離感が合わずに苦しい1日となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!