ニュース

国内男子JGTO TPCイーヤマカップの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢利光、首位を堅持

2000/07/02 18:00


早朝6時30分からのサスペンデット第3ラウンド。伊沢利光は大きな波乱なく首位をキープした。ただし上位は競っており、最終ラウンドの激戦は必至だ。

■ 二度にわたって雷中断(7/1)

初日2日と派手なバーディ、イーグルが飛び出す第一回大会だが、3日目は人間だけでなく雷雲までが元気に騒ぎまくった。激しい雷のため最終組スタート直後の12時16分に中断決定。午後2時半から再開したが30分後にはまたも雷が激しくなり、再度の中断。夕方5時にようやくプレーを再開したものの、もちろん全員のホールアウトはできず13組26人がホールを残した。

<< 下に続く >>

途中経過では今日もスコアを伸ばした伊沢利光が独走の雰囲気。しかしこのコースの場合、3打や4打のアドバンテージは何の意味もなさそうだ。すべては明日、最終日にかかっている。

首位の伊沢利光は「できとしては悪くなかったけど・・・いいか悪いかあんまりよく分からない。待ち時間の方が長かった」
1イーグル、3バーディ、1ダボ。確かにいいような悪いような内容だ。イーグルはミドルホールのカップイン。157ヤードが入った。 「こんな変則的な優勝争いは初めてです。今日はたっぷり寝たんでたぶん12時くらいまで眠れないだろうけど、でも今日ははやく寝たいです」

「残り27ホール。ちょっと若い分だけボクの方が有利かな」と横尾要。伊沢の32歳に較べると横尾の27歳は有利といえば有利かもしれない。長丁場の明日は早朝6時半からのスタートになる。長い1日になりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 JGTO TPCイーヤマカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!