ニュース

国内男子三菱自動車トーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

手嶋多一がハーフ29、トップに立った。

毎年コースを変える三菱自動車トーナメント(一昨年までは三菱ギャラン)、今年は滋賀県、蒲生ゴルフ倶楽部で開催されている。初日首位を走るのは7アンダーの手嶋多一。2位葉彰廷、3位に謝錦昇と台湾勢がつけている。近藤智弘はジャンボと同位の2アンダー12位からの発進とした。

インからスタートした手嶋多一は7バーディ、ノーボギーでホールアウト。出だしから17番まで、ショットはいいのに、パットが入らなかった。パーが続いていたが17番で「絶対にボギーと思っていた」8メートルのパットを入れて、流れが変わった。「あれで気分がスッキリしました」

<< 下に続く >>

18番を手始めにそこから5連続のバーディを沈めて後半は29をマークした。5連続は自己最高タイ。「ラフに行くと寄せられないコースだけど、今日はほとんどフェアウェイに打つことができました」

葉彰廷は手嶋とは反対に前半のアウトコースはすべてパーとしたが、10番から調子を上げボギーなしの6バーディを取った。「後半の9ホールはすべてバーディチャンスだった。長くても4~5メートル、パターがあまり調子良くなかったので、取れなかった3ホールはミスです。明日もこの調子で頑張ります」

2アンダー12位タイからの発進としたジャンボは4バーディ、2ボギー。「アバウトだけど雰囲気は出来ている。パッティングを入れたいし、一発大きなスコアを出したいな」 まだ余裕はないと言うが、だいたいの感じはつかめている様子。意欲は十分だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 三菱自動車トーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!