ニュース

国内男子ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

田中秀道「日本のゴルフを背負って立つ!」

2000/03/19 18:00


ほぼ無風の最終日。「最終日はちゃんと60台で回りたい」と言っていた田中秀道の願いは実現した。34-34の68。14アンダーまで伸ばせば、もう追ってくる選手はいなかった。「68」は前日室田が「田中なら出しそうなスコア」と予想していた数字だ。

最終日の田中はノーボギー、4バーディ。テーマだった「ダボを叩かない」も実現した。「緊張感でパットのフィーリングがよくなかった。安全にパーを積み重ねていこうと思ってました。だから5番(ロング)でバーディが先行してくれてホッとした」

しかし6番では1.5メートルのバーディパットが外れた。流れが変わるかな・・と少し嫌な気がした。案の定、7番はティショットが曲がってしまったが「これはイカン、と気をいれ直した」結果がピタリとピンに付いてくれて思わぬバーディ。13番でもまたバーディ。

「16番(ロング)のティショット、難しくて気を使うんですが、ここでは18番を想定して打ちました。空に向かって思い切って打つ。これができると18番はクラブハウスに向かって打てるんです」

いいボールが打てた。これで自信がついた、と言う。どんなにスコアの差があっても、18番のティショットを打ち終わるまでは怖い。できれば3打くらいの余裕を持って18番をプレーしたいと思っていたとも言う。16番もまたバーディ。

残りホールをパーにおさめてトータル14アンダー。トーナメントレコードタイ記録の優勝スコアだ。「先週が予選落ちだったんで、すごく自信がつきました。こうなったら年間3つか4つ勝ちたいです。丸山さんが海外に行っていないし、もう自分が日本ツアーを背負って立つくらいの気持ちでやらなくてはいけない立場と思います」
「賞金王を目指して頑張ります」と言い切った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。