ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明が逃げ切り、2季ぶり通算6勝目! 松山英樹は18位

◇国内男子◇ANAオープン 最終日◇札幌GC 輪厚C(北海道)◇7063ヤード(パー72)

過去5勝はいずれも首位で最終ラウンドを迎えていたジンクスは、今週も健在だった。単独首位から出た小田孔明が4バーディ、ノーボギーの「68」で回り、通算15アンダーで2シーズンぶり、ツアー通算6勝目を手に。得意の逃げ切りパターンで、後続に4打差をつけて振り切った。

通算11アンダーの2位に片山晋呉イ・キョンフン(韓国)。通算10アンダーの4位に、今野康晴手嶋多一片岡大育、リャン・ウェンチョン(中国)、キム・ヒョンソン(韓国)の5人が続いた。2位から出た前年覇者の藤田寛之は、後半に崩れて「74」と2つ落とし、通算8アンダーの11位で大会連覇はならなかった。

首位に5打差の12位からスタートした松山英樹は、4バーディ、4ボギーでスコアを伸ばせず、通算6アンダーの18位タイで再渡米前の4日間を終えた。松山は、10月3日(木)に米国・オハイオ州で開幕する米国選抜VS世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」に出場する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。