ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

B.ジョーンズが今季初勝利 井上信、片山晋呉らも全英出場権獲得

2013/06/30 14:08

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 最終日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7404ヤード(パー72)

15アンダーの単独首位から出たブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が最終ラウンドも「68」とスコアを伸ばし、通算19アンダーとして2位のキム・キョンテ(韓国)に3ストローク差をつけて逃げ切った。昨年の「サン・クロレラクラシック」以来となる今季初勝利は、日本ツアー通算13勝目となった。

上位4選手に7月の「全英オープン」の出場資格を付与する今大会は、ジョーンズ、キムのほか通算13アンダーの3位に入った井上信、11アンダー4位タイの片山晋呉がメジャー切符を獲得(同じく4位タイで並んだ平塚哲二は片山に世界ランクで劣り、権利獲得ならず)。また、シーズン初戦の「タイランドオープン」から今大会までの賞金ランキング(海外メジャーを除く)で有資格者を除く上位2人、小平智キム・ヒョンソン(韓国)も出場権を手にした。

なお、その他の日本勢は昨年度「日本オープン」覇者である久保谷健一、昨季賞金ランキング上位2名の藤田寛之谷口徹のほか、2月にタイで行われたアジア地区予選を突破した松山英樹丸山大輔が既に出場資格を得ている。

ブレンダン・ジョーンズ、4度目の全英へ>

通算15アンダーの単独首位でスタートしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と、首位を2打差で追うキム・キョンテ(韓国)。大会最終日は、2人のマッチプレーの様相を呈した。

バーディを先行させたのはキョンテの方。1番は1メートルのバーディチャンスを逃したが、続く2番で2メートルを沈めて1打差に迫る。続く5番でも先にバーディパットを沈めたが、ここはブレンダンもバーディを入れ返して並ばせない。続く6番で今度はブレンダンが技を見せた。グリーン手前のバンカーから、直接沈めてイーグル奪取。「普段はやらないけど、感情が入ったね」と、バンザイで喜びを爆発させた。

インに入っても2人のスコアは交錯する。14番はバーディ(ブレンダン)ボギー(キョンテ)で4打差となり、15番は逆にボギーバーディで再び2打差へ。最終18番をブレンダンの2打差リードで迎えた。

昨日はティショットを左に曲げたブレンダンだが、この日も大きく右へと曲げ、カート道から救済を受ける。しかし、2打目でフェアウェイに戻すと、3打目をピンそば1.5メートルへぴたり。最終ホールをバーディとし、JEF瀬戸内海GCでの4日間最少スコアを更新する19アンダーで後続を突き放した。

「日本ツアーは若くて勢いのある選手が多いから、勝つのは難しい。全英にも行けるし、とても嬉しい」と笑ったブレンダン。この優勝で自身4度目となる全英オープンの切符も手に入れた。「ジ・オープンは、これまで出場した中で一番素晴らしい大会。ギャラリーもリンクスコースも素晴らしい。プレーできるのは嬉しいね」。日本ツアーを代表し、ミュアフィールドへと乗り込んでいく。

関連リンク

2013年 ~全英への道~ミズノオープン

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~