ニュース

国内男子タイランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 タイランドオープン
期間:03/14〜03/17 場所:タナシティゴルフ アンド スポーツクラブ(タイ)

タイでアジアシリーズ開幕 11バーディの小田孔明が単独首位!

2013/03/14 20:32

◇国内男子 アジアシリーズ◇タイランドオープン 初日◇タナシティゴルフ アンド スポーツクラブ(タイ)◇6,930ヤード(パー72)

4月の国内男子ツアー開幕に先んじて、日本ゴルフツアー機構(JGTO)とワンアジアツアーとの共同主管により展開されるアジアシリーズ第1戦。初日から繰り広げられたバーディ合戦をリードしたのは、JGTO枠から出場の小田孔明。序盤2番からの6連続を含む11バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「64」をマークし、8アンダー単独首位と絶好のスタートを切った。

<< 下に続く >>

7アンダーの2位タイには、ハン・ジュンゴンチョ・ミンギュ(ともに韓国)ら6名が集団を形成。日本勢の上位では、5アンダーの11位タイに藤本佳則谷原秀人今野康晴矢野東が続いている。池田勇太片山晋呉は、イーブンパーの99位タイと出遅れ。第2ラウンドを終えた上位65位タイまでの選手が決勝ラウンドに進出する。

<強気が生んだ自身初の11バーディ>

気温34度と灼熱の太陽の下で、日本ツアーの小田孔明が8アンダーをマークして単独首位に立った。全体でいえば午前スタートの選手が大きくスコアを伸ばす中、暑さもピークの12時50分にスタートした小田は、2番から7番まで6連続でバーディを奪うロケットスタート。

連続が途絶えたのは8番での3パットだった。「連続バーディは内容覚えていないですよ。でも、3パットだけは鮮明に覚えています」とその時を振り返る。続く9番ではバーディパットがカップに蹴られてしまうが、10番パー5、11番と連続バーディを奪った。

小田にとって2度目の試練は15番パー4。2打目がグリーン奥の深いラフに捕まり、3打目でもグリーンに届かずダブルボギーをたたく。しかし、16番パー5で再びバーディを奪うと、最終18番はピン手前6メートルに付けて強めにカップにたたき込み、渾身のガッツポーズを見せた。

「アイアンはオフの調整も上手くいっていたので不安はありませんでしたし、今日はイメージ通りに打つことが出来ました。11バーディは記憶にないですね。なによりパターが良かったですね。こういうグリーンはカップ周辺がどう転がるかわからないので、とにかく強気で打ちました。気持ちいいぐらいに入りましたね」とご満悦。「明日は予選落ちしないように頑張ります」。謙虚というより、調子の良さを強調するような口ぶりでロッカールームへ向かった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 タイランドオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!