ニュース

国内男子ジョージア東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢は伸び悩んだが首位はキープ。林、秀道が迫ってきた

国内男子ツアー「ジョージア東海クラシック」の3日目。前日単独首位に立った伊沢利光は、スタートの1番ホールでダブルボギーを叩いてしまった。しかし、2番、3番で連続バーディを奪いスタート時の11アンダーに戻した。

その後スコアを伸ばすかと思われたが、6番で再びボギー。しかしこの日の伊沢はスコアを崩すとすぐに盛り返した。7番パー5でバーディを奪い、後半はボギーを叩かず2つ伸ばして通算13アンダーで3日目を終えた。

「思ったように行かなすぎ。許容範囲を超えている。ミスした時の曲がり幅が大きい。明日はボギーを打たないで、ピンを狙って行かなきゃ。みなさん伸ばしてくるでしょうし、”ちょっと余裕ないぞ”という感じ」

伊沢の背後には、この日3ストローク伸ばした川原希が12アンダーで1打差に迫っている。そして2打差の11灘ーには今シーズン2勝の林根基田中秀道の2人が逆転を狙っている。

8アンダーの5位からスタートした田中は、出足の1、2番で連続バーディを奪った。この日の田中は7バーディ、2ボギーで15番終了時点で13アンダーの単独首位に立った。しかし、最終18番でティショットを右に曲げ痛恨のOB。このホールをダブルボギーにし、11アンダーにしてしまった。

「伊沢さんとはおそらく今まで最終日最終組で優勝争いをしたことがないと思う。今回、伊沢さんと2日間回ってみて、やっぱり球筋とかすごいなあと思う。でも、伊沢さんも全て完璧というわけではないと思うので、なんとか追いつけるような位置で、ショートゲームででもなんとかついていきたい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ジョージア東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!