ニュース

国内男子NST新潟オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

強い! 桧垣豪が24アンダーでツアー初優勝

2001/07/29 18:00


新潟オープン最終日。2日目から首位に立つ桧垣豪が、さらにスコアを6つ伸ばし通算24アンダーで初優勝を果たした。6打差の3位から追い上げを見せたS.レイコックが思わず「信じられない」ともらすほど、桧垣のゴルフには強さが感じられた。

「まだ実感がわかないです。レイコックと金城さんが絶対に来ると思っていたので。途中でスコアボードを見て「あぁ、今日も5アンダーで回っている」と気がつきました。みんないいプレーをしていたので、いくつで回っているかは考えませんでした。とにかく他の2人が来ると思っていたので」

1番でバーディを奪った桧垣は、4番から3連続バーディを奪い22アンダーへ。9番では2オンに成功したが3パットでボギーを叩いた。しかし、「10番、11番を切り抜けたら安心できると思っていたので」という10番をパー、11番ではピン右奥2メートルからバーディを奪った。

その後14番パー5で確実にバーディを奪うと、最終18番ではセカンドショットでグリーンをオーバーしたが、サンドウェッジで打った3打目が直接カップに吸い込まれた。「まぁ、勝つときはこんなもんなもかな」3年前のこの新潟で素振りの際に木の枝を折ってしまい、ライの改善としてペナルティをおかした、苦い思い出のトーナメントだったが、その試合で勝てたのも何か感じるものがあるという。

単独2位には桧垣と同じく66をマークしたS.レイコックが18アンダーまで伸ばした。桧垣との差を縮めることはできなかったが、3位に3打差を付ける好スコアに「満足している。スコアも良かったし、自分のゴルフはできた。ただ、桧垣がそれを上回っただけ。4日間充実したプレーが出来て、良いトーナメントだった」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 NST新潟オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。