2001/07/29NST新潟オープンゴルフ選手権競技

強い! 桧垣豪が24アンダーでツアー初優勝

新潟オープン最終日。2日目から首位に立つ桧垣が、さらにスコアを6つ伸ばし通算24アンダーで初優勝を果たした。6打差の3位から追い上げを見せたS.レイコックが思わず「信じられない」ともらすほど、桧垣
2003/05/22マンシングウェアオープンKSBカップ

宮本、桧垣豪が首位!なんと、3ホールでエースが出た!!

。1983年に青木功が優勝した日本オープンなど、数々のトーナメントを開催してきたコースである。 初日快調に飛ばしたのは、午前中にスタートした桧垣だった。スタートの1番ホールでバーディを奪うと、3番から4連続
2003/05/23マンシングウェアオープンKSBカップ

宮本勝昌、桧垣豪は失速。手嶋多一が9アンダー単独首位!

バーディを奪うなど6アンダー3位につけていた兼本は、この日4バーディ、2ボギーで2ストローク伸ばした。 初日8アンダーの好スタートを切った宮本勝昌、桧垣の2人は、周囲がスコアを伸ばす中、スコアを崩して
2001/07/28NST新潟オープンゴルフ選手権競技

桧垣豪がスコアを伸ばし5打差で最終日を迎える

新潟オープン3日目。2日目に単独トップに立った桧垣がスコアを伸ばした。2番パー5で3メートルのバーディパットを沈めると、前半で5バーディを奪った。後半にも3バーディ、1ボギーで伸ばし7アンダー65
2001/07/27NST新潟オープンゴルフ選手権競技

桧垣豪が11アンダーではじめての単独首位

新潟オープン2日目。スコアを伸ばしたのは6アンダーの単独2位からすスタートした桧垣。兄の繁正同様、近畿大学時代はアマチュアとして数々のタイトルを奪いプロ入りしたが、すでに5シーズン目に入った。これ
2002/07/24サトウ食品NST新潟オープンゴルフ選手権競技

ニューヒーロー誕生か!? それとも佐藤が逃げるか!

ことは、賞金よりもまず”優勝”を狙う若手選手にはチャンスが広がるのだ。 若手選手の登竜門ではないが、この大会で初優勝を挙げる選手も少なくない。昨年は桧垣が、4日間で24アンダーをマーク。2位に6打差
2012/10/11日本オープンゴルフ選手権競技

日本オープン/ライブ写真速報 初日

でハーフターンしました。 10時59分 出だしの1番から2連続バーディ発進を決めたのは桧垣。今大会は北海道オープンで出場権を獲得して参戦です。10番までに4バーディ、3ボギー。強風の中で好プレーを
2003/05/22マンシングウェアオープンKSBカップ

マンシングウェアオープンKSBカップ初日/首位コメント

んですね。結果がでないといくら良くても自信にはつながらないと思うしね」 ■桧垣(8アンダー/首位タイ) 「今日は13番で10アンダーまでいった時は、「14、15、16をとれば50台に行くかな」と思っ
2001/07/26NST新潟オープンゴルフ選手権競技

好スコア続出、S.レイコックが64のコースレコード

スコアを出したい」 2打差の2位には桧垣が、こちらもノーボギーで6アンダーをマークした。 5アンダーの3位グループには星野英正ら6人が並んでいる。前回のアイフルでも初日5アンダーと好スタートを切った
2001/07/26NST新潟オープンゴルフ選手権競技

好スコア続出、S.レイコックが64のコースレコード

スコアを出したい」 2打差の2位には桧垣が、こちらもノーボギーで6アンダーをマークした。 5アンダーの3位グループには星野英正ら6人が並んでいる。前回のアイフルでも初日5アンダーと好スタートを切った
2003/04/05東建ホームメイトカップ

雨と風、最悪のコンディションに米山が首位をキープ

伸ばした。この日スコアを伸ばしたのは、谷原と現在2アンダー14位につけている桧垣の2人だけだった。 明日最終日の天気予報は晴れ。これまでに降った雨の影響で、コースコンディションが完璧に回復するとは
1999/07/29NST新潟オープンゴルフ選手権

2週連続を目指して伊沢利光疾走

連勝を狙いに行くか。追うのは新人・小林正則、1打差7アンダーで後にぴったりとくっついている。2位に2打差の5アンダーグループは高松厚・桧垣 ・東聡。 8バーディ、ノーボギーとした伊沢利光。スコアは
1999/07/29NST新潟オープンゴルフ選手権

2週連続を目指して伊沢利光疾走

連勝を狙いに行くか。追うのは新人・小林正則、1打差7アンダーで後にぴったりとくっついている。2位に2打差の5アンダーグループは高松厚・桧垣 ・東聡。 8バーディ、ノーボギーとした伊沢利光。スコアは
2005/01/10プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの真剣勝負<桑原克典VS谷口徹>

シーズン中の選手たちの戦いは、すでに練習日から始まっている…!と感じさせるエピソードをひとつ。桑原克典は練習ラウンドのとき、いつも一緒にまわっている谷口徹と桧垣繁正、兄弟と茶店ごとに賭けをしながら