ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木はプレーオフで散った。林根基が日本ツアー初優勝

2001/07/15 18:00


国内男子ツアー「アイフルカップゴルフトーナメント2001」の最終日。2位に3打の単独首位でスタートした鈴木亨が突然崩れた。序盤2、3番を連続バーディ、5、6番でもバーディを奪い21アンダーまで伸ばした鈴木は、前日予想していた22アンダーまで後1つ、後続組を引き離し独走になるかと思われた。しかし、9番でボギーを叩くと、10番では木の根っこにボールが行き、出すだけで結局ボギー。11番では初めての3パットで3連続ボギーを叩いてしまった。その後は踏ん張ったが、17番パー5でもバーディを奪えず18アンダーでフィニッシュ。

その鈴木を捕らえたのは、2位タイからスタートした林根基。前半で17アンダーまで伸ばした林は、終盤の17番パー5で確実にバーディを奪い18アンダーまで伸ばし、鈴木とのプレーオフに持ち込んだ。

「前半、鈴木さんが伸ばしていたのでチャンスがないと思って、2位を狙いに行った。でも鈴木さんの3連続ボギーでまだチャンスがあると思って一生懸命やった」

一方、先日のタマノイ酢では、プレーオフでまさかのティショット2連続OBで敗れた鈴木には、嫌な展開となったが、「プレーオフになって、やだなあとは思わなかったけど、プレーオフこれで3敗目なんだよね」。

1ホール目は共にパー。2ホール目で、先にセカンドショットを打った林はピン右手前6メートルにオン。鈴木はティショットで林を15ヤードオーバードライブしたが、セカンドでグリーン左奥に外してしまった。そして林がバーディパットをしっかり入れて勝負あり。日本ツアーでの嬉しい初優勝を飾った。

「まあ、プレーオフで林さんがバーディを取っちゃったから仕方ないし、いいプレーをしていたので、林さんをたたえてやってください」またしてもプレーオフで敗れた鈴木だが、このような負け方は癖になる前に、早めにすっきりと勝って吹っ切ってもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。