ニュース

国内男子住建産業オープン広島ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ワールドカップ出場に向け、D.チャンドが好スタート

国内男子ツアー「住建産業オープン広島ゴルフトーナメント」が広島カンツリー倶楽部 八本松コースで開幕した。初日トップに立ったのはノーボギーの6アンダーでまわったD.チャンドだった10番ホールからスタートしたチャンドは、前半2バーディ、後半には6番ホールからの3連続バーディを含む4つのバーディを奪った。

「ショットがあまり曲がっていない分、グリーンも硬いし、手前から、手前からという感じでいけた。ショットブレてないし、朝打った感じも気持ちよかったし」

チャンドはこの2週間、予選落ちをしているが、今週はマンシングウェアオープンKSBカップで優勝したときに使用したクラブを持ち出した。「古いクラブは慣れているし、自身も戻ってくるしね」

同じフィジー出身のビジェイ・シンを尊敬し、同じ舞台で戦いたいと切望しているチャンドは、この秋に日本で行われるワールドカップ出場を狙っている。

「昨年、フェニックスでビジェイにワールドカップ一緒に出てくれと言ったら、”日本でシードを取ったら考えてやる”と言われてて、先日やっと勝って、どうやら”出てもいい”と言ってくれてるみたいだ・・・」

チャンドと1打差の2位にはディフェンディングチャンピオンの深堀圭一郎とプロ3年目の小林正則。深堀は昨年ジャンボ尾崎との壮絶な優勝争いを制している。「コースもスコアを作るには自分にとってやりやすいコースですし。昨年ジャンボさんは悔しがっていたと聞きましたが、もう一度戦いたいですね。昨年のように争って勝ったのは初めてで、自信がついた優勝でした。今は早く優勝したいです。今までもチャンスはあったし、そろそろ結果が出せればと思っています」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 住建産業オープン広島ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!