ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボと片山が8アンダー62を叩きだし好スタート!

国内男子ツアーもいよいよ最終戦。2002年シーズンの締めくくりとして行われる「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が、東京よみうりカントリークラブで開幕した。この大会は今シーズンの賞金ランキング上位者しか出場できないのだが、初の賞金王に輝いた谷口徹が欠場。さらに、国内賞金だけで2位の佐藤信人、3位のディーン・ウィルソンも米国ツアーのQスクール挑戦のため不在と、少し寂しい大会となってしまった。

ランキングで最も上位は、2年前のこの大会で2年連続賞金王を確定させた片山晋呉。その片山が初日から見せてくれた。8バーディ、ノーボギーの62。初日から首位に立った。

<< 下に続く >>

「パターが入りましたね。2パットは2回だけ」。この日の片山は面白いようにパッティングが決まっていた。前半は8番まで全て1パット、7番では10メートル近かったが、早くもこの日5つめのバーディを奪った。後半も好調のパターは続き、傾斜のきつい18番パー3も1パットでしのいだ。

「パッティングは、かなり練習の仕方を変えて、それが良くて。スライスとかフックのラインばっかりやっていたんですが、ほとんど今は真っ直ぐしかやらないんです。人に相談したら、真っ直ぐな上りだけの練習を薦められて・・・。あと、新しいボールは、ビックリするくらい飛びますね。これだったら、ちょっとやれるんじゃないかな!?というのが出てきたんで・・・大きいですよね」

片山と肩を並べて、この日の主役になったのはジャンボ尾崎だった。バーディスタートの直後にボギーを叩いたが、距離のない5番パー5でチップインイーグルを奪った。このイーグルで勢いのついたジャンボは、その後6つのバーディを奪って8アンダー首位でホールアウトした。終盤の17、18番で連続バーディフィニッシュという派手なフィニッシュは、2日目以降につなげられるか。

首位と2打差の6アンダー3位には韓国の金鐘徳、5アンダーには先週の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」でツアー2勝目を挙げ、2週連続優勝を狙うデビッド・スメイルと、昨年この大会を制した宮本勝昌が並んでいる。宮本は1年ぶりの優勝を狙っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!