ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

最終ホールでガッツポーズ!谷口が15アンダーでレイコックを捕らえた!

国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」3日目は、前日夜から降り出した雨の影響で芝生が水を含んだ状態だった。午後になって雨は収まったが、曇り空に気温は15度を下回る寒さとの戦いでもあった。

首位に立ったのは、10アンダー2位からスタートした谷口徹スコット・レイコックの2人。4つあるパー5で確実にバーディを奪った谷口は、5ストローク伸ばして15アンダー。今シーズンの5勝目が見えてきた。16、18番のパー5は計算通りバーディを奪ったが、17番パー3では、ティショットをグリーン左サイドのバンカーに入れてボギー。明日最終日も終盤の3ホールがカギとなるだろう。

<< 下に続く >>

12アンダー単独首位でスタートしたレイコックは、スコアを伸ばしたい2番パー5でボギーを叩き出遅れてしまった。首位の座を谷口に譲ったが、その後は着実にスコアを伸ばした。そして、16番でこの日4つ目のバーディを奪い谷口に追いつくことができた。日本ツアーで優勝経験のないレイコックだが、先週「日本オープン」でツアー初優勝したデビッド・スメイルに続くことができるだろうか。

首位の2人とは4ストローク離されてしまったが、3位には今野康晴横田真一が並んでいる。9番ホールから4連続バーディを奪った今野は、12アンダーまで伸ばしていた。しかし、14番でこの日2つ目のボギーを叩き、16、18番のパー5でもバーディを奪うことができなかった。16番では2打目が池に捕まり、そのままウォーターショットを試みたが、ボールは出ただけ。先週の日本オープンでは優勝を逃した感があるため、今週こそシーズン3勝目をつかみたい。

8アンダー7位からスタートした横田は、序盤4、5番ホールで連続ボギーを叩き苦しい展開となった。しかし、9番パー5でのバーディをきっかけに、パットが決まりだし5つのバーディを重ねた。

また、片山晋呉佐々木久行と並んで、中国の張連偉が10アンダー5位に浮上してきた。先週マカオ島で行われたアジアPGAダビドフツアーで、2年連続優勝を果たしたばかりの張が、好調なゴルフを見せている。こちらもレイコック同様、日本ツアーで優勝経験がなく、初優勝を狙っている1人だ。

そして9アンダー8位には、ディフェンディングチャンピオンの伊沢利光が3ストローク伸ばしている。2日目にはボギーを2つ叩くなど伸び悩んだが、この日は10番でダブルボギーを叩きながらも5つのバーディを奪った。首位とは6打差あるが、最終日に爆発的なスコアをマークしてもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!