ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

絶好調!今野が20アンダー首位キープ。直道、伊沢は追いつけるか!?

国内男子ツアー「アイフルカップゴルフトーナメント2002」の3日目。初日から繰り広げられるバーディ合戦は、決勝ラウンドに入っても収まる気配はない。そして、先週優勝した今野康晴が、20アンダーまで伸ばし2週連続優勝に王手をかけた。初日に64のコースレコードを叩きだし首位に立った今野は、2日目も6ストローク伸ばし、2位に3打差をつけた。

第3ラウンドに入り、1番、3番でボギーを叩き苦しいスタートとなったが、5番パー5でイーグルを奪い、息を吹き返した。そして後半、10番パー5でバーディを奪うと、13番まで4連続バーディ。そして終盤の16番パー3からも連続バーディを奪い20アンダーまで伸ばした。

<< 下に続く >>

今野を3打差で追いかけるのは、1999年にこのツインフィールズで行われた日本プロゴルフ選手権で優勝した尾崎直道。1番パー5をイーグルでスタートした直道は、残り3つのパー5で確実にバーディを奪い、初日の今野と同じ64をマークした。コースとの相性は申し分ないが、絶好調の今野を捕えることができるのか。

そして、16アンダーの単独3位には伊沢利光が浮上している。今シーズンまだ6試合目の出場ではあるが、ミズノオープンでの10位が最高。優勝争いに加わるのは今回が初めてだ。海外メジャーでも今ひとつ伊沢らしさが見られていないが、そろそろ優勝の2文字が欲しいところだ。好調の今野を捕えるのは、昨シーズンの賞金王なのか。

さらに1打差の4位には、ツアー初優勝を狙う平塚哲二と中国の張連偉が15アンダーで並んでいる。明日最終日もバーディ合戦になるならば、首位と5打差のこの辺までが優勝圏内と考えられる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!