ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今克ノリノリ!14アンダーで首位をがっちりキープ!!

鹿児島県のいぶすきゴルフクラブ開聞コースで開催されている、国内男子ツアー第28戦「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」の2日目。国内の男子ツアーに史上初めて女子ゴルファーが挑戦した。欧米両女子ツアーで活躍するスウェーデン出身のソフィー・グスタフソンは、初日2オーバーの68位と出遅れ2日目もスコアを伸ばすことはできなかった。

1番ホールで幸先の良いバーディを奪ったグスタフソンだが、その後は15番でダブルボギーを叩くなど3つのボギーも飛び出してしまった。この日だけで5オーバー、通算でも7オーバーの93位で会場を後にすることになった。初日は雨の中で耐えるラウンドができたが、2日目の天気のように、晴れて予選通過とはならなかった。

<< 下に続く >>

ゲームをリードしているのは、初日と同じ7アンダーをマークした今井克宗だ。2位に2打差の単独首位でスタートした今井は、10番ホールからスタートし前半3ストローク伸ばした。18番に続き、1、2番と3連続バーディを奪うと、4番パー3では7番アイアンで放ったティショットが直接カップイン。見事ホールインワンを達成し14アンダーまで伸ばした。今井は6番パー3では今大会初めてのボギーを叩いてしまったが、続く7番ですかさずバーディを奪い返し、崩れる様子を見せなかった。2位に4打差のリードを奪い、ツアー初優勝を狙い決勝ラウンドを迎える。

10アンダーの2位につけているのはインドのジョディ・ランダワ。9バーディ3ボギーとアグレッシブなゴルフで6ストローク伸ばし5位から浮上。ランダワは9月に行われた「サントリーオープン」でツアー初優勝を果たしている。さらに1打差の9アンダー3位には、6番パー3でホールインワンを達成した小山内護が、6アンダーの9位から浮上してきた。

そして、7アンダー4位は平塚哲二米山剛、近藤智弘の3人が並んだ。この日は前日の雨天から一転しスコアを伸ばす選手が目立った。首位の今井と同じく7ストローク伸ばしたのは近藤智弘。ランダワ、小山内と同じく6ストローク伸ばした片山晋呉は1オーバーの44位から5アンダーの12位に浮上。逆転賞金王への望みをつなげている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!