ニュース

国内男子ジョージア東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

シーズン2勝目を狙う田島が首位!谷原も1打差で追う

今年で第34回を迎える男子ツアー第21戦「ジョージア東海クラシック」が、愛知県にある三好カントリー倶楽部で開幕した。先週一週間試合が無かったが、今週から4試合続けて賞金の多い試合が続く。

初日首位に立ったのは、5アンダーをマークした田島創志。8月に行われた「久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント」で、ツアー初優勝を果たした田島が勢いに乗っている。15番パー5でイーグルを奪い、この日のバーディは6つ。ボギーも3つ叩いているが、2位に1打のリードを奪った。初優勝の時は初日から首位に立ち、4日間首位の座を明け渡すことなく完全優勝を達成した。果たして今週も4日間トップをキープできるか。

<< 下に続く >>

4アンダー2位には、谷原秀人広田悟兼本貴司丸山大輔の4人が並んでいる。谷原も今年6月に行われた「マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメント」でツアー初優勝を果たし、シーズン2勝目を狙っている。今シーズンの複数回優勝者は、賞金ランキング首位のトッド・ハミルトンの4勝、伊沢利光と宮瀬博文が2勝と3人しかいない。広田、兼本、丸山の3人はツアー初優勝を狙う。

首位と2打差の3アンダーは、横田真一宮瀬博文片山晋呉など13人が並ぶ大混戦となった。10番ホールからスタートした片山は、15番から4連続バーディを奪うと、後半も2つのバーディを奪い6アンダーで単独首位に浮上した。ところが、6番でこの日初めてのボギーを叩くと、8、9番の上がり2ホールでも連続ボギー。あっという間に3ストローク後退してしまった。

昨年この大会を制した谷口徹は、2バーディ、1ボギーの1アンダー29位と静かなスタート。同じく1アンダーには、先々週まで2週連続で優勝を逃し2位に終わったジャンボ尾崎も並んでいる。明日以降はこの2人がスコアを伸ばし、大会を盛り上げるか注目される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ジョージア東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!