ニュース

国内男子アコムインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

倉本がアドバンテージを活かし首位をキープ

国内ツアー初となるスコア“59”を打ち立て、大記録とともに幕開けとなった国内男子ツアー第20戦「アコムインターナショナル」の2日目。この大記録を達成した倉本昌弘が、このまま独走態勢となるのか。

この日倉本は、バーディの後にボギーを叩くといった初日とはうって変わっての展開。しかしホールが進むにつれ、ボギーを叩かない安定したゴルフでまとめてきた。スコアもじわりじわりと2ストローク伸ばして、通算14アンダーで首位をキープした。

<< 下に続く >>

一方猛チャージを見せ、7ストローク伸ばしたのが横田真一だ。10番ホールからスタートした横田は、17、18、1、2番と4連続バーディを奪うなど、11ホール目を消化して、8つスコアを縮める快進撃が続いた。この展開はまさに初日の倉本を彷彿させる活躍を披露。しかし記録を意識したのか、バーディが取れず7番でボギー叩いてしまい、通算11アンダートップと3打差の2位で予選ラウンドを終えた。

そしてもう一人、期待の新鋭宮里優作が横田と同じく7つスコアを伸ばし、好位置につけた。優作は5番で快心のイーグルを出すなど波に乗り、ノーボギーで2日目を終えた。初日2アンダー33位タイから9アンダーの3位タイへジャンプアップ。トップとは5打離れているが、初日、2日目と好スコアが出ているコースなだけに十分チャンスは巡ってくる。決勝ラウンドでの活躍に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 アコムインターナショナル




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!