ニュース

国内男子サン・クロレラクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフの末、ジョーンズが昨年の雪辱を果たした!

北海道にある札幌ベイゴルフ倶楽部で行われていた「サン・クロレラクラシック」最終日。昨日とはうって変わり、強い風の中でのラウンドとなった。果たしてこの風が優勝争いにどう影響するのか。

最終日、トップでスタートした矢野東。若手成長株の彼がどこまでやれるのか注目が集まった。だが、風の影響で距離感が合わず、2番から4番まで3連続ボギー、結局前半だけで5つスコアを落としてしまい、優勝争いからズルズルと後退していく。

一方、プロ10年目で悲願の初優勝がかかる丸山大輔。スコアが伸ばせず我慢のゴルフが続いたが、17番で約8メートルの長いバーディパットを決め単独首位に立った。これで最終18番をパーで上がれば優勝だったのだが、初優勝によるプレッシャーのためか、約3メートルのパットを外してボギーとしてしまう。

この結果丸山を始め、2週連続優勝を狙う手嶋多一と昨年この大会でプレーオフの末敗れているブレンダン・ジョーンズの3人が8アンダーで並び、4年連続となるプレーオフに突入した。プレーオフに入ると、この日17番、18番で連続バーディと勢いに乗るジョーンズが、18番のロングホールで2オンに成功して確実にバーディを奪い、見事昨年の雪辱を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 サン・クロレラクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。