ニュース

国内男子サン・クロレラクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

混戦模様の中、トップに立ったのは・・・

国内男子ツアー第15戦「サン・クロレラクラシック」3日目。予選ラウンドを終え、6人がトップに並ぶ大混戦。誰が抜け出すか注目が集まった。天候は朝から雨で所々に水溜り(カジュアルウォータ)があり、コンディションはあまりよくなかった。しかしこのコース特有の強い風がなく、好スコアを出す選手が続出した。

この日6バーディ、ノーボギーと完璧なゴルフで通算8アンダーとしトップタイに躍り出たのが、女性に人気の矢野東。彼自身、雨のラウンドは苦手と言っているが、今季“マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメント”では3位に入るなど、雨が降ったトーナメントでは好成績を収めているだけに、初優勝の期待がかかる。

それともう一人トップタイにいるのが、こちらも初優勝が待ち遠しい丸山大輔。この日もチャンスどころで確実に決めるなど、5バーディ1ボギーという内容。最終日もプレッシャーに負けることなく、終始安定したゴルフができるのかに注目したい。

また初日は出遅れたものの、2日目、3日目とスコアを11ストローク伸ばし、注目を浴びたのが飯合肇。3日目を終えて通算6アンダー、首位と2打差だけに逆転優勝の可能性は十分ある。一昨年最終ホールで短いパーパットを外してしまい、惜しくもプレーオフ進出を逃しているだけあって、この大会にかける意気込みは人一倍。試合後も「今日は風がなく、コースが簡単だった。明日は風が吹いてくれると面白いんだけどね」と余裕のコメント。4年ぶりの優勝に向けて準備万端といった様子だ。

そして4アンダー、トップタイでスタートした手嶋多一は、前半ボギーが先行してしまい優勝争いから脱落するかに思われたが、17番、18番をバーディとし、首位と2打差まで追い上げてきた。明日、2週連続優勝となるか注目が集まる。

この大会は過去3回、いずれもプレーオフによる決着に終わっている。最終ラウンドはどんなドラマが待っているのだろうか、ゴルフファンにとって興味深いところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 サン・クロレラクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!