ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

平塚が首位キープ!石川遼は今季3度目の予選落ち

北海道の小樽カントリー倶楽部で開催されている、国内男子ツアー第10戦「サン・クロレラ クラシック」の2日目。7アンダー単独首位でスタートした平塚哲二が、6ストローク伸ばし通算13アンダーで単独首位をキープしている。

3打差の通算10アンダー単独2位は、タイのキラデク・アフィバーンラト。通算8アンダー単独3位に井上忠久となっている。初日6アンダーの単独2位につけた池田勇太は、スコアを伸ばせず、丸山大輔らと並び4位タイに後退してしまった。

<< 下に続く >>

そして、初日にドライバーショットが不安定で5オーバー123位と大きく出遅れた石川遼は、2日目もスコアを崩し、通算7オーバーの122位タイで予選落ちとなった。石川が予選落ちとなるのは、6月の「日本ゴルフツアー選手権」以来、今季3度目となる。

また、アマチュアの松山英樹はスコアを1つ伸ばして通算イーブンパーの40位タイに食い込み、2試合連続予選落ちは免れた。2日間の予選ラウンドを終えて、通算1オーバー56位タイまでの74名が決勝ラウンドに進出する。

平塚哲二が早くも独走態勢に>

初日「65」を叩き出した平塚の勢いはこの日も止まらなかった。10番(パー5)で2メートルを沈めてバーディ発進すると、その後も順調にスコアを伸ばし単独トップを快走。終盤の3ホールで4メートル前後のバーディチャンスを逃し「止まっちゃいました」と悔しがったが、7バーディ、1ボギーの「66」は圧巻だ。2週前から続く左手甲の痛みはまだ残るが、回復傾向。前日のラウンド後は無欲で戦っていくことを強調していたが、「優勝?考えている」と一転した。通算6勝目へ向け「もっともっと差をつけて上がりたい」と後続を振り返ることなく、決勝ラウンドを戦う。

<4打差で追うのはタイの若手ホープ>

平塚には及ばなかったものの、「67」をマークして単独2位に躍り出たのはタイ出身の22歳、キラデク・アフィバーンラト。前半7番からの4連続バーディで勢いに乗った。「昨日よりドライバーがまっすぐ行った」とティショットが安定。日本有数の難コースにも「強い風が吹いていたが、ショットが良かったので気にならなかった。残り2日間、日本ツアー初勝利を目指してベストを尽くしたい」。4打差を追い、最終組でプレッシャーをかけられるか。

石川遼は今季国内3度目の予選落ち>

初日の出遅れが響き、石川遼は決勝ラウンド進出を逃した。5オーバーからスタートし、出だしの4ホールで2ストローク伸ばしたが、スイングが安定せずに終わってみれば「74」。通算7オーバーまで後退した。国内ツアーでは今季、未勝利のまま、3度目の予選落ちに「ファンの方には申し訳ない。失望させてしまったのは一人の選手として悔しい」とガックリ。成績に波のあるプロ4年目のシーズンを戦っているが「今は(改造に取り組んでいる)スイングのことを常に考えてやっていく」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!