ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

山下が単独首位に浮上! メジャーでツアー初勝利なるか!?

茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで開幕されている、国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」の3日目。4位からスタートした山下和宏が2ストローク伸ばし、通算4アンダーで単独首位に浮上。ツアー初勝利に大きく前進し、明日の最終日に臨む。

通算3アンダーの2位タイには、J.B.パク(韓国)と丸山大輔。通算2アンダーの単独4位にJ.チョイが続いている。通算1アンダーの5位タイに、河井博大小泉洋人ら4人。通算イーブンパーの9位タイに、ディフェンディングチャンピオンの宮本勝昌薗田峻輔が浮上した。単独首位からスタートした小林正則は「82」を叩き、通算6オーバーの38位タイに後退している。

<山下和宏が悲願のツアー初優勝に王手>

国内メジャー第2戦で、37歳の山下がツアー初優勝に向け大きく前進した。出だしの1番で6メートルを沈めてバーディ発進すると、その後も勢いは衰えなかった。17番の3パットボギーは痛かったが、4バーディ、2ボギーの「69」で単独トップに浮上した。難コースを相手に3日連続でアンダーパー。叩いたボギーはわずか4つと安定感は抜群。「明日どうなるか楽しみだし、不安もある。最後までくらいついていけるかが勝負」と意欲。「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」を制した河井博大に続いて、メジャーの舞台で初勝利をマークできるか。

<1打差で追うのはメジャー初制覇を狙う丸山大輔>

2バーディ、ノーボギーの「69」で通算3アンダーとし、5位タイから単独2位に浮上した丸山。「あまり周りのスコアは気にできなかった」と自分のプレーに集中し見事ノーボギーで3日目を終え、好位置につけた。14番では4メートルの下りのフックラインを沈めてパーセーブ。ガッツポーズも飛び出した。狙うは2009年「アジアパシフィック パナソニックオープン」に続くツアー通算3勝目。そして初の日本タイトルだ。狙い通りの最終日最終組でのプレーを前に「メジャー(タイトル)を獲るチャンスはそう巡ってこない」と力を込めた。

<2日目まで首位の小林正則は「82」の大叩きで失速>

初日、2日目といずれもトップに立っていた小林は出だしでつまずいた。1番でグリーン右、深いラフからの3打目のアプローチがグリーンに届かず、ダブルボギー。さらに続く2番でもダボを叩いて後退した。8番でもダブルボギー。さらに10番ではパッティングの際にグリーン上で、アドレス時にボールが動いたと申告し2罰打を加えて痛恨のトリプルボギー。通算6オーバーの38位タイまで後退した。今季2勝目は遠くへかすんだが「疲れた。緊張はしなかったんですけど、動きが硬かったかな」とさばさばした表情で語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。