ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

予選ラウンドを終えて今井が単独首位 54ホールに短縮された

愛知県の三好カントリー倶楽部西コースで行われている、国内男子ツアー第21戦「コカ・コーラ東海クラシック」の3日目。この日朝早くから第2ラウンドの残りが始まり、予選ラウンドを終えることができたが、第3ラウンドは台風の影響で中止が決定した。

この結果、競技は54ホールに短縮され、明日の最終日は8:30からアウト・インの2wayでのスタート予定。予選通過ラインは59位タイまで、66名の選手が明日の決勝ラウンドに駒を進める。

<< 下に続く >>

予選ラウンドを終えて、通算6アンダーで首位に立ったのは今井克宗。昨年「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」以来、ツアー2勝目を目指す。

通算3アンダーで首位を追う2位タイには、鈴木亨細川和彦の2人。通算2アンダーの4位タイには中嶋常幸など5人がひしめいている。そして1アンダーの9位タイには、伊沢利光と今季復活優勝を飾った加瀬秀樹がつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!