ニュース

国内男子マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーメントの最新ゴルフニュースをお届け

3つイーグルを奪いD.チャンドが3年ぶりの優勝!

兵庫県にあるよみうりカントリークラブで行われている国内男子ツアー第10戦「マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーナメント」の最終日。台風の影響で天候が心配されたが、天気は快晴。しかし、風速約10メートルの風が選手達を苦しめた。

1打差の単独首位からスタートしたフィジー出身のディネッシュ・チャンドは、7番パー4残り70ヤードを直接入れてイーグル。11番パー4グリーン周りのバンカーから直接入れてチップインイーグルと大きくリードを広げた。

しかし、チャンドはその後アプローチの距離感が合わずスコアを落とす場面があったが、15、17番でバーディを奪い立て直す。2ストロークリードで迎えた最終18番パー5。ここでチャンドは2オンに成功し、この日3つ目のイーグルを奪ってフィニッシュ。2001年「マンシングウェアオープンKSBカップ」以来、3年ぶりの優勝を果たした。

また通算16アンダーの2位タイには、この日確実にスコアを伸ばしたS.K.ホと、6バーディノーボギーの猛チャージで、優勝争いに絡む活躍を見せた平塚哲二が入っている。

そのほか、ツアー最年長優勝のかかった57歳のジャンボ尾崎は、9アンダーの24位タイでフィニッシュ。そしてこの日すばらしいゴルフ見せてくれたのが片山晋呉。最終18番で池に捕まりボギーを叩いたが、1イーグル6バーディ1ボギーのスコア「65」をたたき出し、通算13アンダーの7位タイでフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 マンダムルシードよみうりオープンゴルフトーメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。