ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

2位に7打差をつけて片山晋呉の独壇場に!

愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで行われている、国内男子ツアー第4戦「中日クラウンズ」の3日目。連日の快晴でグリーンが硬くなりボールが止めづらくなっていく中、上位陣は確実にスコアを伸ばした。

予選ラウンドを11アンダーで回った片山晋呉は、決勝ラウンドに入っても快進撃を見せた。前半2つスコアを伸ばした片山は、後半に入るとアイアンショットの切れが増し、5つのバーディを奪ってベストスコア“63”をマーク。今大会の3日間の最小スコア18アンダーを樹立した。最終日、1995年尾崎将司が持っている今大会の最小スコア20アンダーを越えることはできるのか。

<< 下に続く >>

首位に大きく水を空けられてしまったが、首位と7打差の11アンダーの2位にはブレンダン・ジョーンズ佐々木久行がつけている。ジョーンズはこの日5つスコアを伸ばし、最終日2週連続優勝に向けて逆転優勝を狙う。また佐々木は、最終18番でチップインバーディを奪うなど好スコア“64”をマーク。この勢いを最終日につなげたいところだ。

今大会の優勝候補に挙げられていた伊沢利光は、5バーディ6ボギーと出入りの激しい展開でスコアを伸ばすことができず、通算2オーバーの53位で3日目を終えている。

また注目を集めているプロ2年目の宮里優作は、2番パー5で快心のイーグルを奪い絶好のスタートを切った。だが、その後はボギーが続く苦しい展開でスコアを崩していくと、13番パー3で痛恨のトリプルボギーを叩いてしまい通算2オーバーの19位から53位に転落した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!