ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

W.パースキーが初優勝を飾る!ジャンボ尾崎は15位タイでフィニッシュ

岐阜県の東建塩河カントリー倶楽部で行なわれている、国内男子ツアー第2戦「東建ホームメイトカップ」の最終日。コンデションが良く、好スコアでの戦いとなった中、通算21アンダーまでスコアを伸ばしたウェイン・パースキー(オーストラリア)が、ツアー初優勝を遂げた。

単独の2位からスタートしたパースキーは、バーディ発進。その後も安定した内容で着実にスコアを伸ばしていった。最終組を一緒にラウンドする、単独トップでスタートした谷昭範が、ボギーを先行させて苦しんでいく中、ノーボギーと落ち着いたプレー。結局5つスコアを伸ばして、通算21アンダーまでスコアを伸ばし、2位に2打差をつけて、見事に初優勝を飾った。

2位タイには、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と、地元岐阜県出身の上田諭尉が、通算19アンダーでフィニッシュ。特に上田は、1イーグル、4バーディ、ノーボギーと6つスコアを伸ばしての、ジャンプアップを見せ、上位に食い込んだ。

単独トップからスタートした谷昭範だったが、この日は出入りの激しい展開に。5つのバーディを奪ったものの、5つのボギーを叩き、イーブンパー。通算17アンダーで、立山光広らと共に8位タイに終わっている。

4位タイには、デビッド・スメイル(ニュージーランド)、イージー・ジャン(韓国)、谷原秀人藤田寛之の4人が、通算18アンダーでフィニッシュ。また、注目のジャンボこと尾崎将司は、この日5つスコアを伸ばしてきたものの、通算15アンダー、15位タイまで順位を上げるにとどまり、今大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。