ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

谷昭範が単独トップに!ジャンボ尾崎は21位タイへ後退

岐阜県の東建塩河カントリー倶楽部で行なわれている、国内男子ツアー第2戦「東建ホームメイトカップ」の3日目。朝からあいにくの雨と、気温11度の過酷な状況の中、通算17アンダーで単独トップに立ったのが谷昭範だった。

谷は、1番、2番で連続バーディを奪い波に乗ると、その後もスコアを伸ばしていき、最終的には6バーディ、1ボギーでホールアウト。後続に1打差をつけ、ツアー初優勝へ向けて絶好のポジションを得ている。2005年には、9月の「GDOチャレンジカップ」、10月の「東京ドームカップ」と、チャレンジツアーで2勝を挙げている谷。レギュラーツアーでも勝利を手にできるか。

さらに、通算16アンダーの単独2位には、ウェイン・パースキー(オーストラリア)がつけ、通算15アンダーの3位タイに、藤田寛之ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、イージー・ジャン(韓国)の3人が続いている。

また、通算14アンダーの6位タイグループには、谷原秀人川岸良兼デビッド・スメイル(ニュージーランド)といった強豪勢が顔を揃えた。なかでも谷原は、前半で6つのバーディを奪う猛チャージを見せ、7バーディ、2ボギーでフィニッシュ。一気にスコアを5つ上げてきている。

注目のジャンボこと尾崎将司は、5番でイーグルを奪うなど果敢に攻めたものの、やや出入りの激しい内容となり、1イーグル、2バーディ、4ボギーで18ホールを終了。スコアを伸ばせず、通算10アンダーの21位タイへポジションを落としている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。