ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

2連覇に向け藤田寛之が5アンダーの首位スタート!!

2005年の国内男子ツアーの幕開け「東建ホームメイトカップ」が、三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋で開幕した。3ヵ月におよぶオフシーズンを終え、女子よりも3週間遅い開幕戦となる。

練習ラウンドの火曜日が雨、そしてプロアマ戦が行われた水曜日には強風と雨で気温は6度まで下がる状態だった。しかし、大会初日の朝は太陽が芝を照らす最高のコンディションとなった。ところが、午後になり雲行きが怪しくなると、16時ころには雨が降り出し、プレーの進行も遅れる状態になってしまった。

初日首位に立ったのは5アンダーをマークした藤田寛之高橋竜彦の2人。ディフェンディングチャンピオンの藤田は、このコースの攻略法を知っている。フロントナインで5つのバーディを奪い、終盤の難しいホールは全てパーで凌いだ。2年連続優勝に向け最高のスタートを切った。

1打差の4アンダー3位タイには、近藤智弘、高山忠洋谷原秀人、伊藤修司の4人が並んだ。谷原は今シーズン米ツアーを主戦場としているが、今週行われる「ザ・プレーヤーズ選手権」など規模の大きな大会には出場できないため一時帰国。米ツアーでは苦戦しているが、慣れ親しんだ日本のコースで調子を取り戻してもらいたい。また、近藤、高山と初優勝が待ち遠しい2人も好スタートを切った。

さらに1打差の3アンダーに谷口徹宮本勝昌。2アンダーには深堀圭一郎小田龍一など、初日の上位は日本勢が独占した。活躍が期待される伊沢利光は1オーバー35位、宮里聖志はイーブンパーの52位。宮里優作片山晋呉と並び6オーバーの116位と大きく出遅れた。片山はインフルエンザにかかり、前日のプロアマはスタート直前にキャンセル。大会出場が危ぶまれただけに、体調は良くないようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。