ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

B.ジョーンズが劇的な勝利! 石川遼は38位タイで終える

静岡県御殿場市の太平洋クラブ御殿場コースで行われている、国内男子ツアー第21戦の「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終日。心配されていた雨もほとんど降らず、最終組がスタートするころには日差しも出始め、気温は18度近くまで上昇。9,474人のギャラリーが会場に詰めかけ、最終日に相応しい熱戦が展開された。

上位のスコアが伸び悩む中、後続の追い上げもあり1打を争う接戦の様相を呈したが、終盤に入りブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と谷口徹の一騎打ちに。共に通算12アンダーで首位を並走し、迎えた最終18番パー5。ジョーンズは2打目をグリーン左横にこぼすも、パターで打った3打目を直接カップにねじ込み、劇的なイーグルフィニッシュ。通算14アンダーとした一方で、谷口のグリーン右横から放った3打目のアプローチは惜しくもカップを逸れ、ジョーンズの今季2勝目が決まった。

36位タイからスタートした石川遼は、10番からのティオフ。13番まではパーで凌ぐも、14番パー4で残り115ヤードの2打目をダフってしまい池へ。ここでボギーとしてしまう。それでも、その後の16番、18番でバーディを奪い返し、スコアを1つ伸ばして前半を終えた。折り返し後の1番、5番ではティショットが左右にブレてしまいボギーとするが、6番パー5で見せ場を作る。残り260ヤードの2打目を3番ウッドで放ち、見事2オンに成功。3.5メートルのイーグルチャンスを迎える。これは惜しくも外してしまうが確実にバーディを奪取し、結局この日3バーディ、3ボギーのイーブンパー。通算2アンダーの38位タイで大会を終え、ベストアマチュアのタイトルを獲得した。

最終的に、谷口は通算13アンダーの単独2位。海外招待選手のアダム・スコット(オーストラリア)は通算11アンダーで単独3位で終えた。通算10アンダーの4位タイには、同じくオーストラリア出身のジェフ・オギルビーとクリス・キャンベル。片山晋呉は通算7アンダーの10位タイに終わり、谷口との賞金額差は約2,700万円に開いた。

■ 見事優勝したB.ジョーンズ使用のぶっ飛びドライバーはコレ!

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。