ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

小田龍一が首位で最終日へ! 石川遼が1打差で追う!

兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部 東コースで開催されている、国内男子ツアー第16戦「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン」の3日目。この日は予選第2ラウンドが実施され、8,469人のギャラリーが来場。朝から舞うような強い風が吹き、全体的に伸び悩むしのぎ合いが展開された。

その中で、5位タイからスタートした小田龍一が1ストローク伸ばし、通算4アンダーの単独首位でホールアウト。混戦を一歩抜け出し、今季初勝利に王手をかけた。1打差の2位タイに、首位タイからスタートした甲斐慎太郎と、ホストプロの石川遼が続いている。

<< 下に続く >>

石川はインの前半はすべてパーと静かなプレーが続いたが、アウトの後半に入ると大きな変動が起きる。5番までに1バーディ、1ボギー。さらに6番パー3では、ツアーでは自身初となるホールインワンをマークし、コース中にギャラリーの大歓声が響き渡った。最終的に1ストローク伸ばして最終日・最終組に食い込み、明日の逆転優勝を射程に捕らえている。

通算2アンダーの4位タイには、ディフェンディングチャンピオンの丸山大輔を始め、片山晋呉松村道央ノ・スンヨル(韓国)ら7人が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!