ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が初の連覇に向けて単独首位の好スタート!

国内男子ツアー第14戦「フジサンケイクラシック」が9月2日(木)、山梨県にある富士桜CCで開幕した。午後から雲が出始めたものの概ね晴天に恵まれ、富士山も荘厳な姿を現し熱戦を見守った。

その初日、5アンダーで単独首位に立ったのは、自身初の大会連覇がかかる石川遼。前半のインの11番でバーディを奪うと、今年から590ヤードに伸びた15番パー5では、残り278ヤードの2打目で2オンに成功。2.5メートルのイーグルパットを沈め、一気に流れに乗った。

<< 下に続く >>

一時は7アンダーにまで伸ばしたが、7番パー3では3パットのダブルボギーを叩いて4アンダーに後退。2位グループに飲み込まれる。それでも最終9番では10メートルのバーディパットを沈め、単独首位に立って初日を終えた。

4アンダーの2位タイには、室田淳横田真一諸藤将次ハン・リー(アメリカ)の4人。3アンダーの6位タイに、立山光広野仲茂ディネッシュ・チャンド(フィジー)が続いている。池田勇太はイーブンパーの29位タイ。2週連続優勝がかかる谷原秀人は、1オーバーの40位タイとやや出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!