ニュース

欧州男子ドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

圧巻!再逆転でタイガーが2週連続優勝!

UAEのドバイにあるエミレーツGCで開催されている、2008年欧州男子ツアー第10戦「ドバイデザートクラシック」の最終日。タイガー・ウッズがドラマチックに砂漠のタイトルを奪還。今季2戦2勝としている。

前日、まさかの失速で5位タイに後退、崖っぷちに立たされていたタイガー。タイトル奪還を目指し、序盤こそバーディを重ねたが、その後は2ボギーを叩き前半はわずかに1つスコアを伸ばすに止まる。しかし、後半に入るとすぐさま伝家の宝刀「タイガーチャージ」を披露。3連続バーディなどで一気に首位に躍り出る。終盤、マーティン・カイマー(ドイツ)に追い上げられたが、17、18番と連続バーディで振り切り、通算14アンダー。見事にタイトル奪還、そして舞台を変えての2週連続優勝を果たした。

タイガーと並んで5位タイからスタートしたカイマーは連続バーディでスタート。首位に迫ったが、その後は足踏み。途中13番ではボギーを叩き、首位との差は開いていく。しかし、勝負が決しかけた16番から連続バーディ、そして最終18番でイーグルを奪い通算13アンダーとしたが、タイガーに振り切られ単独2位でフィニッシュ。終盤の猛追で大会を大きく盛り上げた。

タイガーに代わって首位からスタートしたアーニー・エルス(南アフリカ)。前半は2つスコアを伸ばし、優勝へ向けて前進していたが、後半に入って2バーディ、3ボギーとペースを崩し通算12アンダー。結果的に後半の3ボギーが響き、ルイス・オーシュイゼン(南アフリカ)と共に3位タイで大会を終えている。また、連覇を狙ったヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は6位タイ、セルヒオ・ガルシア(スペイン)は19位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ドバイデザートクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。