ニュース

欧州男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

今年の波乱は無し!? タイガーの強さは「マスターズ」でも続くか

昨年大会が開幕した時点で、ザック・ジョンソンがグリーンジャケットを羽織っている姿を誰が想像しただろうか。スキルに偏りがなく総合的に優れていないと勝つことは至難とされる「マスターズ」は、例年多くのビッグネームたちが勝利を重ねた。その中で起きた無名選手の快挙は、一夜にしてジョンソンを“時の人”に成し上げた。

そして迎えた2008年、4月10日(木)から13日(日)までの4日間、ジョージア州アトランタのオーガスタナショナルゴルフクラブで待望の開幕を迎える。今年は、昨年のような波乱が起きる可能性は感じ難い。なぜなら、タイガー・ウッズがシーズン序盤から突出した強さを発揮しているからだ。今季は米国PGAツアー4戦に出場し、実に3勝をマーク。欧州ツアー「ドバイデザートクラシック」でも勝利を挙げるなど、明らかに周囲とは次元の異なる高みでプレーしている。昨年はジョンソンに2ストローク及ばず、2打差の2位タイと後塵を拝した。今年にかける想いには、並々ならぬものがあるはずだ。

3度目のタイトル獲得を狙うフィル・ミケルソンも、今季は早々と1勝を重ねており、タイトル奪還の可能性は十分に考えられる。また、米国ツアーで4年ぶりとなる勝利を挙げたアーニー・エルス、昨年大会でタイガーと並び2位タイで終えたレティーフ・グーセンら南アフリカ勢も見逃せない存在だ。さらに、昨季の欧州男子ツアー賞金王に輝いたジャスティン・ローズ(イングランド)、爆発力を秘めたアーロン・バデリー(オーストラリア)ら、次世代を担う若手選手の躍進にも期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。