ニュース

欧州男子イタリアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

首位に6人の大混戦 谷原秀人は109位の出遅れ

◇欧州男子◇イタリアオープン 初日(12日)◇GCミラノ(イタリア)◇7156 yd(パー71)

首位に6人が並ぶ混戦の幕開けとなった。前年覇者のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)、エディ・ペパレル、マット・ウォレス(ともにイングランド)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、アレクサンダー・ビョーク(スウェーデン)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)がいずれも「64」でプレーし、7アンダーとした。

ジョージ・クッツェー(南アフリカ)とアン・ビョンフン(韓国)が6アンダーの7位で続いた。

谷原秀人は3バーディ、4ボギーの「72」で、1オーバーの109位と大きく出遅れた。

関連リンク

2017年 イタリアオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~