ニュース

欧州男子ISPS HANDA ワールドスーパー6パースの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 ISPS HANDA ワールドスーパー6パース
期間:02/16〜02/19 レイクカリーニャップCC(オーストラリア)

ラムフォードが“完全勝利” 谷原秀人は2回戦で敗退

◇欧州、アジア、豪州共催◇ISPSハンダ ワールドスーパー6パース 最終日(19日)◇レイクカリーニャップCC(オーストラリア)◇7143yd(パー72)

3日目までの54ホールストロークプレーを上位通過した24人が、トーナメント形式のマッチプレー(6ホールマッチ)に進出。予選をトップ通過した第1シードのブレット・ラムフォード(オーストラリア)が計4マッチを勝ち進み、母国でツアー通算6勝目を手にした。

シードにより2回戦から加わったラムフォードは、初戦を突破した谷原秀人を2&1で破りベスト8に進出。その後も準々決勝、準決勝と勝ち進むと、決勝では17歳のパチャラ・コンワットマイ(タイ)と対戦。勢いに乗る新鋭を相手に2&1で完勝した。

14位タイで最終日に進出した谷原秀人は、1回戦でダンカン・スチュワート(スコットランド)を1アップで撃破。続く2回戦でラムフォードに敗れ、ベスト16止まりに終わった。

<マッチプレー全成績>
勝者/成績/敗者(ASはプレーオフで決着)

■ 決勝

B.ラムフォード 2&1 P.コンワットマイ

■ 準決勝

P.コンワットマイ 3&1 J.スクリブナー
B.ラムフォード 1UP A.ブランド

■ 準々決勝

P.コンワットマイ 2&1 M.ミラー
J.スクリブナー AS S.ジェフレス
B.ラムフォード AS W.オームスビー
A.ブランド AS L.ウーストハイゼン

■ 2回戦

B.ラムフォード 2&1 谷原秀人
M.ミラー 2&1 A.コネリー
P.コンワットマイ 1UP L.ハーバート
A.ブランド 1UP A.ブライス
J.スクリブナー 2&1 N.カレン
W.オームスビー AS J.ヒギンボトム
S.ジェフレス 1UP D.ブランスドン
L.ウーストハイゼン AS J.ヴィーアマン

■ 1回戦

谷原秀人 1UP D.スチュワート
J.ヴィーアマン AS D.フォックス
A.ブランド AS T.デトリー
M.ミラー 1UP C.オトゥール
P.コンワットマイ 1UP S.ブラゼル
D.ブランスドン AS J.M.シン
N.カレン 2UP R.エバンス
W.オームスビー 1UP P.アングレス

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ISPS HANDA ワールドスーパー6パース




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。