ニュース

欧州男子コマーシャルバンク・カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

決勝ラウンドも混戦続く ガルシアは大崩れで62位に後退

◇欧州男子◇コマーシャルバンク・カタールマスターズ3日目◇ドーハGC(カタール)◇7400yd(パー72)

混戦の決勝ラウンド1日目は、マーク・ウォーレン(スコットランド)、ブランデン・グレース(南アフリカ)、エミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)、ベルント・ウィスベルガー(オーストリア)の4選手が通算13アンダーで並ぶ混戦が続いている。

首位と2打差の通算11アンダー5位タイにエディ・ペパレル(イングランド)、アレハンドロ・カニサレス(スペイン)、ジョージ・クッツェー(南アフリカ)ら3選手。

初日に好スタートを切ったアーニー・エルス(南アフリカ)は通算7アンダーの15位タイ。昨年覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は3バーディ3ボギー1ダブルボギー1トリプルボギーの「77」と崩れ、通算1アンダーの62位タイに大きく後退した。

関連リンク

2015年 コマーシャルバンク・カタールマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~