ニュース

欧州男子トロフィーランコムの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 トロフィーランコム
期間:09/11〜09/14 サンノラプレッシェGC(フランス)

首位を明け渡さず!R.グーセンが1年振りのツアー9勝目

2003年欧州ツアー第33戦『トロフィーランコム』が9月11日(木)から9月14日(日)までの4日間、フランスはパリのサンノラにあるサンノラプレッシェGCで開催された。先週は南アフリカのアーニー・エルスがシーズン4勝目を挙げたが、今週は同じ南アフリカのレティーフ・グーセンが、4日間首位を明け渡さずシーズン1勝目を飾った。

2位に3打差の17アンダーでスタートしたグーセンは、得意の1番パー4でバーディを奪い、5番でもバーディを奪った。この5番パー4では3バーディ、1イーグルで5ストローク伸ばしている。そのまま順調にスコアを伸ばすかと思われたが、6番以降は4つのボギーを叩き、それまでの安定度が揺らいでしまった。しかし追う立場の選手たちも伸ばせず、18アンダーでグーセンの優勝が決まった。

2001、02年と2年連続して賞金王になっているグーセンだが、今シーズンは勝利に恵まれなかった。開幕戦の「ジョニーウォーカークラシック」では親友でありライバルでもあるエルスに優勝をさらわれ、2戦目の「マレーシアンオープン」では惜しくも2位。7月の「全英オープン」でも10位と、今一歩のところで勝利から遠ざかっていた。

4打差の2位には、アイルランドのポール・マギンリーが入った。グーセンと同じ最終組でラウンドし、1番ホールでいきなりボギーを叩いてしまった。グーセンを楽な展開にさせないと、マギンリーも踏ん張った。5番ホールから4つのバーディを奪い17アンダーまで伸ばした。このバーディラッシュで一気にグーセンを捕える勢いだったが、16番パー5で悪夢のダブルボギー。さらに最終18番パー3でもボギーを叩き万事休す。2年ぶりのツアー4勝目にはならなかった。

今週は米ツアーから「全英オープン」優勝のベン・カーティスが招待出場した。つねにマスコミに追われたが、成績は至って平凡。通算3オーバーの70位で競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 トロフィーランコム




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。