ニュース

欧州男子第60回イタリアオープン・テレコムイタリアの最新ゴルフニュースをお届け

M.グロンバーグが、17アンダーで逆転優勝!!

欧州男子ツアー第16戦「第60回イタリアオープン・テレコムイタリア」が5月1日(木)から4日(日)までの4日間、イタリアのブレシアで開催された。日々首位が入れ替わる展開になり、スウェーデンのマティース・グロンバーグが、通算17アンダーで優勝した。

10アンダー7位で最終日を迎えたグロンバーグは、序盤からスコアを伸ばした。そして、前日と同じく11番パー5でイーグルを奪い完全に勢いに乗った。14番で唯一ボギーを叩いたが続く15、16番で連続バーディを奪い15アンダーの集団から抜け出した。

グロンバーグは1970年生まれの32歳。2000年のメルセデスベンツS.Aオープン選手権以来3年ぶりのツアー4勝目。今シーズンはこれまで8試合に出場し、3回しか予選を通過できていなかった。

15アンダー2位グループにはJ.M.ララ、前日首位のヒカルド・ゴンザレス、最終日にスコアを伸ばしたコリン・モンゴメリーの3人が並んだ。モンゴメリーはこの試合が欧州ツアーの開幕戦となったが、優勝したグロンバーグと同じく最終日に65をマーク。1993年から99年まで7年間にわたり欧州ツアーの賞金王の座を守りつづけたモンゴメリーには、このツアーが合っているようだ。

また、今シーズン2度目の予選通過を果たしたセベ・バレステロスは、3日目にスロープレーの警告を受け、スコアミスによる失格になった。その日の会見で欧州PGAの批判をぶちまけ、現地ではバレステロスの発言に対し賛否が問われている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 第60回イタリアオープン・テレコムイタリア




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。