ニュース

欧州男子マデイラアイランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ツアータイ記録の「60」男、B.ドレッジが逃げ切り初優勝!!

欧州男子ツアー第13戦「マデイラアイランドオープン」が、ポルトガル領のマデイラ島にあるサント・ダ・セラで開催された。

優勝したのはウェールズ出身のブラッドリー・ドレッジ。通算16アンダーで2位に8打差をつけて欧州ツアー初優勝を飾った。

今大会は初日から激しい雨のためサスペンデッドになり、3日目にようやく本来のスケジュールをこなすことができた。そのドタバタのスケジュールの中、1人集団を抜け出したのがドレッジだった。

3日目に欧州ツアー初の50台まで後一歩の60をマークし、この時点で2位に8打差。最終日もスコアを1つ伸ばし、後続を寄せ付けなかった。

2位にはB.デイビスとA.マーシャルのイングランド勢2名と、スウェーデン出身のF.アンダーソン。それぞれ最終日にスコアを伸ばしてきたが、ドレッジへの8打差のビハインドは大きすぎた。

初日5アンダー単独2位に入り、2日目には79の7オーバーを叩いたR.J.ダークセンは、決勝ラウンドに入りスコアを伸ばしてきた。2日連続で68をマークし通算6アンダー単独6位で競技を終えた。

今週は、ランキング上位の選手が出場しておらず、多くの選手に優勝のチャンスがあった。そして、無名のドレッジが優勝。今シーズンツアー初優勝者の多い欧州ツアーだが、これで13戦して6人目となった。

また、ベテランのセベ・バレステロスが4日間戦いつづけた。予選を7オーバーのギリで通過したバレステロスは、3日目に1アンダーを記録。しかし最終日は、76と再び4オーバー。通算10オーバーの67位でフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マデイラアイランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。