ニュース

欧州男子ドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

エルス敗れる!! オランダのR.J.ダークセンが初優勝!

アラブ首長国連邦ドバイにあるエミレーツゴルフクラブで開催された、欧州男子ツアーの第11戦「ドバイデザートクラシック」は、オランダ出身のロバート・ジャン・ダークセンが、通算17アンダーでツアー初優勝を果たした。

10アンダー7位タイで最終日を迎えたダークセンは、10番ホールまでに4つのバーディを奪うと、13番パー5では快心のイーグルを奪い単独首位に立った。そして、プレッシャーのかかる終盤も落ち着いたプレーぶりを見せ、最終18番パー5でも3オンに成功しバーディ。この日7ストローク伸ばし、逆転優勝を果たした。

29歳のダークセンは、昨シーズン成績不振に悩み、シーズン末のQスクールを突破してツアー復帰を果たした。「Qスクール挑戦という辛い思いがバネになり、4日間好スコアをマークすることができた」。そんな辛い思いがよぎったのか、俯きながらのホールだったが、優勝が決まってからは終始笑顔を絶やさなかった。

最終日の展開は、アーニー・エルスの優勝ムードが漂っていた。13アンダー首位タイでスタートし、11番ホールを終えて16アンダー単独首位。しかし、この日のエルスには安定感が欠けていた。12番でセカンドショットをグリーンオーバーすると、寄らず入らずのダブルボギーで首位陥落。

15番で再び16アンダーに戻し、ダークセンを捕えたエルスに、最終18番パー5でドラマが待っていた。2打目でグリーン奥まで運び、寄せワンのバーディでプレーオフ。詰め掛けたギャラリーもダークセンもそんな結果を予想した。しかし、エルスの放ったアプローチショットは、ボールの下をくぐり抜けるような状態で、ピン手前5メートルで止まってしまった。

エルスは、2、3日目にこのホールを叩き、そのことが頭をよぎったのか、エルスらしからぬプレーでバーディを奪えず。あっけない幕切れとなった。これで、今シーズンのエルスは、優勝が2回に2位も2度目となってしまった。

今週、日本からスポット参戦した片山晋呉は、2日目を終えて13位につけながら3日目にスコアを崩してしまった。しかし、最終日は3ストローク伸ばし、通算6アンダー28位に入る健闘だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ドバイデザートクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。