ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 場所:コングレッショナルC.C(メリーランド州)

全米オープン優勝のR.マキロイ、米ツアーメンバー復帰の可能性は?

19日(日)に閉幕した海外メジャー第2戦「全米オープン」でメジャー初優勝を遂げたロリー・マキロイ(北アイルランド)。2位に8打差をつける圧倒的な力を見せつけ、“ネクスト・タイガー”の最右翼としてその名を世に轟かせた22歳の去就が、注目を集めている。

マキロイは2007年にプロ転向した当初、欧州ツアーに参戦し翌年のシード権を獲得。その後、2009年1月の「ドバイデザートクラシック」で同ツアー初優勝をマーク。同年の4大メジャー全試合に出場し、世界中の知るところとなった。するとマキロイは、翌2010年に米国ツアーに本格参戦。5月の「クエイルホロー選手権」で最終日にコースレコードの「62」を叩き出して初優勝を飾り、シード権を獲得した。

<< 下に続く >>

ところがライダーカップ代表にも選ばれたその年の秋、11月にマキロイは突然、米国PGAのツアーカードを辞退・返却、つまり米国のシード権を放棄し、2011年シーズンは再び欧州ツアーを主戦場とすることを表明。当時のガールフレンドや家族と過ごす時間を増やしたいというのが最たる理由だった。

そして今回、全米オープンを制したマキロイは再び米ツアーメンバーとなる権利が生まれたが、これを行使する可能性は極めて低いという。その大きな理由が米ツアーの出場義務試合だ。米ツアー選手はシード権を保持するため、同ツアーで年間最低15試合に出場しなければならない。しかしマキロイの代理人が地元紙「アイリッシュ・タイムス」に語ったところによれば、欧米ツアーを両立することは困難だという。「彼は(米国で)15試合はプレーしないだろう。それはあまりに難しいことだ。彼ら(米ツアー)が(出場義務試合数を)12、13試合程度にしてくれれば…と思うが、15はやはり無理だ」としている。

タイガー・ウッズが低迷にあえぐ中、米ツアーは新たなスターを再び迎え入れたいところ。しかしその道はなんとも険しそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!