ニュース

欧州男子ドバイ・ワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

L.ドナルドかR.マキロイか 最終戦で賞金王決定!

2011年の欧州男子ツアー最終戦「ドバイ・ワールドチャンピオンシップ」は12月8日(木)から11日(日)までの4日間、アラブ首長国連邦(UAE)のジュメイラ・ゴルフエステーツで開催。シーズンの最後を締めくくるビッグトーナメントは世界ランク1位、2位の両雄に最大級の視線が注がれることになる。

秒読み段階と思われていたルーク・ドナルド(イングランド)の米国&欧州の同一年度ダブル賞金王。しかしその史上初の快挙に“待った”をかけたのが賞金ランク2位につけるロリー・マキロイ(北アイルランド)だった。前週の「UBS 香港オープン」で6月の「全米オープン」に続く今季2勝目をマーク。ランキングトップを快走しているドナルドとの差を約79万ユーロ(約8216万円)まで縮めてみせた。

この結果を受け、既に米国ツアーの賞金王に輝いているドナルドが最終戦で10位以下に終わり、マキロイが優勝した場合、逆転で賞金王を戴冠。しかしドナルドは「ロリーはプレッシャーをかけてきているけど、まだ僕の方が有利」と自信は揺るがないようだ。

ロバート・カールソン(スウェーデン)がイアン・ポールター(イングランド)とのプレーオフを制した昨年大会は、マキロイが首位と2打差の通算12アンダーの5位タイ、ドナルドは8アンダーの9位タイでフィニッシュしている。

昨年度の欧州賞金王マーティン・カイマー(ドイツ)やマスターズ王者のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)、今季復活優勝を遂げたセルヒオ・ガルシア(スペイン)らスーパースターがもちろん集結する最終戦だが、この2人の戦いぶりが話題の中心となるのは避けられそうもない。

【主な出場予定選手】
R.カールソンL.ドナルドR.マキロイM.カイマーC.シュワルツェルL.ウェストウッドS.ガルシアG.マクドウェルA.キロスI.ポールターY.E.ヤンM.マナッセロE.エルス

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。