ニュース

欧州男子アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権
期間:09/29〜10/02 セントアンドリュース/カーヌスティ/キングスバーンズ(スコットランド)

R.マキロイは猛追及ばず、M.ホーイが悲願のツアー2勝目!

スコットランドのセントアンドリュース、カーヌスティ、キングスバーンズの3コースで行われた欧州男子ツアー「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」。最終日は、聖地セントアンドリュースが決戦の舞台となった。単独首位からスタートしたマイケル・ホーイ(アイルランド)が、通算22アンダーで逃げ切り優勝を果たしている。

ホーイはこの日、前半を3バーディ、2ボギーとスコアメイクに苦しんだ。首位を追うロリー・マキロイ(北アイルランド)のプレッシャーを受け続けるも、後半は落ち着いたプレーで3つのバーディを奪って着実にスコアを重ね、ツアー通算2勝目を飾った。

プロ転向後低迷を続けていたホーイは、「自宅を離れ転戦を続けるも、金銭面で苦労し、一時は自分のスイングにも疑問を持つこともあれば、このままゴルフを続けていっていいものか悩んだ時期もあった」とこれまでの苦難を吐露し、悲願の2勝目を手に入れている。

4位タイからスタートしたマキロイは、1イーグル、5バーディ、ノーボギーの「65」をマークして最終日に猛追を見せたが、優勝スコアには2打及ばず、通算20アンダーの単独2位でフィニッシュしている。

通算18アンダーの3位タイには、グレード・マクドウェル(北アイルランド)、ジョージ・マレー(スコットランド)が並んだ。そのほか、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)は通算17アンダーの5位タイ、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)は通算16アンダーの単独8位、ルーク・ドナルド(イングランド)とチャール・シュワルツェル(南アフリカ)が、通算15アンダーの9位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。