ニュース

欧州男子コマーシャルバンク・カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

T.ビヨーンがツアー11勝目!M.カイマーは伸ばせず

カタールにあるドーハGCで開催されている、欧州男子ツアー第7戦「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」の最終日。通算6アンダー、首位と5打差の5位タイからスタートしたアルバロ・キロス(スペイン)が、猛チャージをかけた。

前半の5番でバーディを奪い、さらに10番、11番では連続バーディ、14番でもスコアを伸ばして、通算11アンダーでスタートしたデンマークのトーマス・ビヨーンに1打差まで迫った。ところが、15番、17番と勝負どころでボギーを叩き、16番、18でもバーディを奪ったが通算10ンダーの単独2位に終わった。

対するビヨーンは1番から14番まで全てパープレー。1打差に迫られたものの、焦ることなく15番、17番、そして最終18番と3つのバーディを奪い、通算14アンダーでホールアウト。終わってみれば2位に4打差をつける圧勝でツアー通算11勝目を果たした。

通算9アンダーの3位には、ラファエル・カブレラベロ(スペイン)とマークス・ブライヤー(オーストリア)の2人。通算8アンダーの単独5位にイングランドのデビッド・ハウエル。大会連覇を狙ったスウェーデンのロバート・カールソンは、スコアを2つ落とし通算6アンダーの6位タイに終わった。

また、この大会でワールドランキング1位のリー・ウェストウッドが予選落ちとなった。現在2位のマーティン・カイマーが2位以内に入れば逆転の可能性もあった。しかし、最終日にスコアを1つしか伸ばせず、通算2アンダーの28位タイに終わったため、逆転のチャンスは次週以降にお預けとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 コマーシャルバンク・カタールマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。