ニュース

欧州男子WGC NECインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGC NECインビテーショナル
期間:08/19〜08/22 場所:ファイヤーストーンCC(米国オハイオ州アクロン)

シンク一人旅で今季2勝目 タイガーは2位でNo.1の座を死守!

オハイオ州のファイヤーストーンカントリークラブで行われているWGC(世界ゴルフ選手権)「NECインビテーショナル」の最終日。首位を走るスチュアート・シンクと5打差からスタートしたタイガー・ウッズが、どこまで追い上げを図れたのか。

タイガーは、3日目ショットに精彩を欠いていたものの、最終日はショットが徐々に良くなってきた。だが、パットが思うように決まらず、前半はボギーが先行するもすぐさまバーディを奪って取り返しイーブンパーで折り返す。

<< 下に続く >>

後半に入ってもバーディパットが決まらず、フラストレーションが溜まる我慢のゴルフが続いた。最終18番でようやくバーディを奪ったが、通算7アンダーの2位タイで競技を終えている。

優勝したのは3日目を終えて5打差と大きなアドバンテージを得ていたシンク。3日間好調だったパットが決まらず我慢のゴルフが続いたが、追い上げてくる選手が現れず独走態勢に入る。最終18番をバーディで締めくくり、通算11アンダーで優勝。今季2勝目をビッグタイトルで飾ることができた。

一方、ワールドランキングNo.1をかけた戦いは、0.1ポイント差に迫っていたビジェイ・シンが通算3オーバーの32位タイでフィニッシュ。同ランキング3位のアーニー・エルスは通算13オーバーの65位タイでフィニッシュした。この結果、タイガーが6年間続けていたワールドランキングNo.1の座を死守した。

そのほか日本の丸山茂樹は、ショット、パットともに精彩を欠き、1バーディ4ボギーの通算2オーバー27位タイでホールアウトしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGC NECインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!