ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/12〜08/15 場所:ウィッスリングストレーツ(ストレーツコース)(米国ウィスコンシン州)

J.レナードとV.シンがトップ!タイガーはギリギリ予選を突破!

アメリカ中北部、ウイスコンシン州ミルウォーキーの北にあるウイストリング・ストレイツ、ストレイツコースで開催中の第86回「全米プロゴルフ選手権」2日目。数ホールで初日より距離が長くなったことと、好天が続きグリーンが速くなった影響で、初日に比べ厳しい戦いが強いられた。

2日目トップに立ったのはジャスティン・レナード(米国)とビジェイ・シン(フィジー)。スコアが伸び悩んだ上位陣の中で、レナードは3つ、シンは4つスコアを伸ばしトータル9アンダーで首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

1打差の3位タイにはアーニー・エルス(南アフリカ)、ダレン・クラーク(北アイルランド)ブライニー・ベアード(米国)がつけた。エルスとクラークは一時トップに立ったが両者とも後半スコアが伸び悩んでしまった。

初日104位と大きく出遅れたタイガー・ウッズ(米国)は、カットラインとの戦いとなった2日目もティショットが乱れた。1、2番と連続バーディスタートを切ったが5、6番で連続ボギーとしスタートと同じ3オーバーに。その後はアプローチとパットでなんとかパーをセーブするシーンが続いた。カットラインは1オーバー。残りが6ホールとなり予選落ちが現実的になってきたかとも思われた13番でやっとバーディ。その後も16、17番で連続バーディを奪いトータルイーブンパーの44位タイで2日目を終えている。

予選落ちの悪夢を断ち切ったタイガーにとって、今度は世界ランキングトップの座を死守するための戦いが強いられる。世界ランキング2位のエルスは2日目トップと1打差の3位タイ。エルスが優勝しタイガーが3人以上の3位タイまたはそれ以下になるか、エルスが単独2位以上でタイガーが単独16位以下の場合、タイガーは世界ランキングトップの座から陥落することとなる。

日本人選手では田中秀道が1アンダーの31位タイ、片山晋呉はイーブンパーの44位タイで予選を突破。期待された丸山茂樹は2日目6つスコアを落とし6オーバーの118位タイで残念ながら予選落ち。初日に大きく出遅れた平塚哲二も10オーバーの134位タイで予選落ちとなった。

その他注目選手では、マスターズを制したフィル・ミケルソン(米国)が3アンダーの14位タイと好位置をキープ。先月の全英オープンを制したトッド・ハミルトン(米国)と昨年の全米プロ覇者ショ-ン・ミキール(米国)は1オーバーの57位タイでギリギリ予選を通過している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米プロゴルフ選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!