ニュース

欧州男子HSBCワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 HSBCワールドマッチプレー選手権
期間:09/15〜09/18 ウェントワースクラブ(イングランド)

R.グーセンが大差で勝利し準決勝へ

欧州男子ツアー第36戦「HSBCワールドマッチプレー選手権」が、イングランド、サーレイ、ウェントワースクラブで開幕。36ホールによるマッチプレーが4試合行われ、レティーフ・グーセン(南アフリカ)、マイケル・キャンベル(ニュージーランド)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)、ポール・マギンリー(アイルランド)の4人が準決勝へ駒を進めた。

36ホールまで決着がつかず、もつれたのがキャンベルとスティーブ・エルキントン(オーストラリア)の試合。前半7ホール目までにキャンベルが1アップとしたものの、中盤に入ってからは完全にエルキントンのペース。26ホール終了時点で4アップと差をつけ、このまま逃げ切るかに見えた。ところが、ここからキャンベルが巻き返し、35ホール目でオールスクエアに戻すと、37ホール目に1アップして、逆転勝利を飾っている。

グーセンはマーク・ヘンズビー(オーストラリア)と対戦し、12&11で大勝。マギンリー、ルーク・ドナルドの試合は、9&8でマギンリーの勝ち。カブレラはホセ・マリア・オラサバルと戦い4&3で勝利した。

※【ドーミーホール】:そのホールで勝つか引き分ければ、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【アップドーミー】:そのホールで勝てば、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【スコアの見方】:例)「2アンド1」:「2」はアップ数を指し、「1」は残りホール数を指す。
マッチプレーでは、勝ちが決定したホールで試合は終了となる。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 HSBCワールドマッチプレー選手権

  • 2005/09/15~2005/09/18
  • 優勝:M.キャンベル
  • ウェントワースクラブ(イングランド)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。