ニュース

欧州男子ジョニーウォーカークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ジョニーウォーカークラシック
期間:04/21〜04/24 パインバレー・ゴルフリゾート&CC(中国)

A.スコット独走態勢!すし石垣は惜しくも予選通過ならず

中国の北京にあるパインバレーゴルフリゾート & CCで行われている、欧州男子ツアーの第13戦「ジョニーウォーカークラシック」の3日目。この日第2ラウンドの途中と第3ラウンドが行われ、半数の選手がホールアウトできず、第3ラウンドの途中で日没サスペンデッドとなった。

大会3日目を終えて首位に立ったのは、第1ラウンドで9アンダーを叩き出した「ホワイトタイガー」ことアダム・スコット(オーストラリア)。第2ラウンドも、順調にバーディを積み重ね、通算15アンダーで予選ラウンドを終える快進撃。さらに、第3ラウンドの11番までを終えて通算19アンダーとし、独走態勢に入っている。

首位を6打差で追う通算13アンダーの2位タイにヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ガリー・ラスナック(米国)の2人。通算12アンダーの4位タイに、レティーフ・グーセン(南アフリカ)が控えている。

一方、注目のアーニー・エルス(南アフリカ)、韓国のスター崔京周は通算10アンダーの12位タイ。コリン・モンゴメリー(スコットランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)は、通算9アンダーの16位タイにつけた。

そのほか日本のすし石垣は、第1、第2ラウンドをイーブンパーでまとめるも、予選通過まで1打届かず77位タイで予選落ちを喫した。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ジョニーウォーカークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。